ホームアイコントップページ > >

    2017年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/01/29(日) 17:17:18.26 ID:CAP_USER9
    アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈(なな)さんの初写真集「なないろ」(講談社)の発売を記念して、“等身大”の写真集が発売されることが29日、明らかになった。
    等身大写真集は「浅川梨奈写真集『なないろ』リアル等身大バージョン」と題し、高さ170センチ、幅90センチ、奥行き9.5センチというサイズで、表紙を含む全8ページ。
    完全受注生産で発売日は3月15日。
    価格は30万円(税抜き)。
    同アイドルグループの公式サイトなどで注文できる。

    浅川さんは同日、東京都内で開催した「なないろ」の発売記念イベントで、等身大写真集を発表。
    「浅川史上最高の価格設定で戸惑っています。名前にかけて7万円ぐらいと思っていましたが、(30万円という)価格に3回ぐらい聞き直しました」と明かし、
    「ファンの方には、1カ月貯金をしていただいて、早めにゲットしてもらいたいです」と笑顔でアピールした。

    写真集「なないろ」は、A4判、112ページ。価格は2300円(税抜き、発売中)。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000007-mantan-ent

    10冊限定で等身大写真集発売 「なないろ」発売記念イベント
    no title
    【“1000年に一度の童顔巨乳”スパガ浅川梨奈、30万円の「等身大」写真集発売「ファンの方、1カ月貯金して」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/01/29(日) 23:17:36.71 ID:CAP_USER9
     タレントの手島優(34歳)が、1月28日に放送されたバラエティ番組「ゴッドタン」(テレビ東京系)に出演。
    タレントの矢口真里(34歳)や松丸友紀アナ(35歳)に乳首の形を暴露される一幕があった。

    手島はこの日、「マジギライ1/3 矢口真里編」の企画に登場。
    矢口とは同い年でプライベートでも仲が良く、先日も2人で箱根に旅行へ行ったほどの間柄だが、手島は矢口に不満があるという。

    それは、大浴場で一緒にお風呂に入ったにも関わらず、矢口が乳首を見せてくれなかったこと。
    矢口は「乳首って見せないといけないのかな?」と疑問を呈しつつ、さらに「(手島は)めっちゃ乳首見せてくる」とアピールがすごいことを明かした。
    そして「手島の乳首はどうだった?」と聞いてくる男性陣に対し、「すごかった…」とも。

    すると、松丸アナが「私も前に見たことがある」とこの話題に参戦。
    「確かにすごかったですよ」「なんか…乳輪が小さいとすごい自慢してたんですけど、その分、乳頭がすごい大きくて」
    「そういう風に見えた。錯覚かな?」と暴露、手島はすべてを話してしまった松丸アナを「言うな! 言うなよ」と威嚇した。


    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか|2017/1/29 22:24 ナリナリドットコム
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170129-15991319-narinariq

    【「(手島優は)めっちゃ乳首見せてくる」…矢口真里や松丸アナ「手島優の胸すごかった…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/01/29(日) 13:27:56.98 ID:CAP_USER9
    年商10億の父親が築いた豪邸に住むセレブライフから一転、困窮生活へ……。そんな転落を経験したのが、グラビアアイドルの戸田れいさんだ。4歳のときに父親が事業で失敗。借金は8億円以上に上り、自己破産して離婚。母と姉と彼女の3人での生活が始まった。

    「最初は母の仕事場から近い渋谷区に住んでいたんですが、都心は家賃が高いから払えなくなって、最終的に落ち着いたのは日野市のボロボロなアパートでした。小学校だけで5回も引っ越して、そのたびに転校。だから子供の頃からの友人がほとんどいないんです」

    当時は常にお腹をすかせており、空腹のあまり、とんでもないものまで食べていたという。

    「学校で飼っていたウサギのエサのキャベツや、用水路にあるタニシの卵を食べていたんです。姉から『食べられるよ』と言われて本気で信じちゃって」

    今では笑って過去を話す彼女だが、思春期の女子なだけに当時はさまざまな悩みがあったようだ。

    「一番イヤだったのは、友達との話題についていけないことでした。それで、ウチにはテレビがなくていつもラジオを聞いていたんですが、ラジオでSPEEDの新曲が流れたのを聞いて、見えを張って『新曲のCDを買ったよ』とウソをついたんです。でも実際にはラジオの先行公開だったので、まだ発売前。バレて友達から『ウソつき』って距離を置かれちゃいました」

    戸田さんには当時母親がこぼした忘れられない言葉があるという。

    「母は保険外交員をしていたんですが、契約が全然取れない苦しい時期に『私が死んだら保険でお金がもらえるから』って言われたんです。だから私、毎晩不安だったんですよ。『お母さん、ちゃんと家に帰ってくるかな?』って」

    (以下省略)

    全文よむ
    https://nikkan-spa.jp/1274431

    戸田れいさん
    no title
    【グラドル・戸田れい「ウサギのエサやタニシの卵を食べていました」壮絶な貧乏時代を告白!】の続きを読む
    オススメ最新記事

    このページのトップヘ