2017年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 10:55:20.71 ID:CAP_USER9
    タレントの稲村亜美(21)が、27日発売の『週刊プレイボーイ』15号(集英社)のグラビアページに登場。
    スポーツ美女ではない、“普通の女の子”としての等身大の魅力をビキニ姿で見せつけた。

    稲村がテレビCMで豪快すぎる「神スイング」で話題になってから、早2年。
    これをきっかけに多数のプロ野球始球式に登場し、『プロ野球ニュース』のキャスターやゴルフ番組のアシスタントなど、スポーツの分野をメインに大活躍してきた。

    『週プレ』のグラビアでも、そのアクティブなイメージを生かし、雨の中や炎天下など過酷な状況でバッドを振りますような、アスリート的撮影に挑んできた稲村。
    しかし今回のグラビアでは、スポーツから離れた王道グラビアに挑戦し、身長173・バスト86・ウエスト61・ヒップ88センチの超級ダイナマイトボディを大胆に披露した。

    “普通”の姿を開放した稲村は「やっとスポーツっぽくないグラビアを撮ってもらってすごく新鮮でした。新しい私の新たな一面をみなさんに見てもらえたらうれしいです!」と仕上がりに自身を見せている。
    なお、本誌に掲載しきれなかったアザーカット数十点で構成する電子写真集「週プレnet EX」(税込み1080円・閲覧可能期間7日間)も同時発売された。

    同号にはそのほか、グラビアアイドルの松永有紗(18)、早乙女ゆう(18)、乃木坂46の堀未央奈(20)が登場し、
    さらにフリーアナウンサーの塩地美澄(34)とグラビアアイドルの今野杏南(27)をピースの綾部祐二が撮り下ろした特別グラビアを掲載。
    表紙と巻頭グラビアは女優の逢沢りな(25)が飾っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000323-oric-ent

    『週刊プレイボーイ』15号 稲村亜美
    no title

    【【画像あり】稲村亜美の“超級ダイナマイトボディ”グラビアがエロいwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 05:23:33.73 ID:CAP_USER9
    2017年03月27日

     女優でモデルの逢沢りなさんが、27日発売の週刊誌「週刊プレイボーイ」(集英社)15号の表紙と巻頭グラビアを飾った。逢沢さんが同誌の表紙と巻頭グラビアに登場するのは約5年半ぶり。グラビアではピンクのランジェリー姿などセクシーな写真が掲載された。

     逢沢さんは「今回の撮影には、溶岩ヨガでダイエットして臨みました。ドラマ『クズの本懐』ではベッドシーンにも挑戦していますが、今年の1月に(同誌のサイト)『週プレnet』で久しぶりにグラビアをやらせていただいたのが参考になっているかもしれません。『私ってこんなに大人っぽい表情をするんだ』って発見があったんです。あの表情を見て、ちょっと演技にも自信がつきました」とコメントを寄せている。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    「週刊プレイボーイ」15号の表紙と巻頭グラビアを飾った逢沢りなさん(C)熊谷貫/週刊プレイボーイ
    no title

    【【逢沢りな】「週プレ」でピンクのランジェリー姿を披露、大人っぽい表情も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 04:39:16.33 ID:CAP_USER9
    久松郁実:小麦色の肌で“イイ女風の色香” 「ヤンマガ」グラビアで黒ビキニも
    2017年03月27日

     モデルでグラビアアイドルの久松郁実さんが、27日発売のマンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)第17号の表紙と巻頭グラビアに登場した。

     グラビアでは「引き締まった脚に小麦色の肌」「クールなイイ女風の色香」などと紹介され、胸元の開いた衣装で寝転ぶなどセクシーな写真を掲載。黒のビキニ姿も披露した。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    「週刊ヤングマガジン」第17号の表紙と巻頭グラビアに登場した久松郁実さん(C)佐藤裕之/ヤングマガジン
    no title

    【【久松郁実】小麦色の肌で“イイ女風の色香”「ヤンマガ」で黒ビキニも】の続きを読む
    オススメ最新記事

    このページのトップヘ