カテゴリ: ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/12/02(金) 22:44:15.84 ID:CAP_USER
    NTTドコモは12月2日、仮想のキャラクターによる「バーチャルアイドル」を2017年5月以降、日本と中国で展開すると発表した。
    中国の携帯事業者大手と協力し、さまざまな経路を通じて音楽やライブ番組などを配信していく。
    バーチャルアイドルは、3DCGなどで制作された仮想キャラクターがアイドルとして活動するもので、
    日本では「初音ミク」によるライブコンサートなどが開かれ、ファンを集めている。

    ドコモは、7億人超の契約者を抱える中国携帯最大手China Mobile Communications傘下でアニメ関連ビジネスを展開する企業「ミグ動漫」と、
    コンテンツを共同で制作・運営する契約を結んだ。ドコモはChina Mobileと協力関係にある。
    コンテンツの詳細は明らかにしていないが、開発しているキャラクターのシルエットを公開した。
    初音ミクの初代イラストを手がけたイラストレーターのKEIさんが担当している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00000058-zdn_mkt-bus_all
    20161205_idol

    【【ニュース】ドコモ、初音ミクのKEIが手がける「バーチャルアイドル」を中国市場で展開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/12/03(土) 17:39:49.93 ID:CAP_USER9
    no title


    12月10日の「世界人権デー」に合わせ、毎年12月4日から同10日は、国の人権週間となっている。
    そんな人権週間をPRする愛知県の人権啓発ポスターが分かりやすく“ジワジワ”と胸に響く、
    とSNS上で話題になっている。

    「わたしの『ふつう』と、あなたの『ふつう』はちがう。」

    毎年、7種類の人権啓発ポスターを掲出している愛知県人権啓発ポスターの今年のキャッチコピーは、
    「わたしの『ふつう』と、あなたの『ふつう』はちがう。それを、わたしたちの『ふつう』にしよう。」という
    もので、味のあるマンガの体裁で、様々な人権問題について分かりやすくまとめられている。
    やわらかなタッチのイラストとシンプルな言葉に込められた思いが、人々の心に届いたようだ。

    SNSで3万リツイート超えの反響 「これって人権問題だったのか」

    「こんなに反響があるとは想定外で、驚いています」と語ったのは、広告代理店・中日アド企画で
    コピーライティングを担当した岩田真実さん。名古屋市の金山総合駅の1駅で7日間だけ掲示された
    ポスターが、SNSで3万リツイートを超えるほど話題に。

    「人権問題を考えるためのきっかけになればと考えていたので、感想だけでなくそれぞれの意見が
    ネット上でも議論されていることは、啓発としての効果もあったのではないかと思います。今まで
    人権問題に関心が薄かった若年層の方から、『これって人権問題だったのか』とか、『これのどこが
    人権問題なのか分からない』という意見があって、そういうところから気づきが始まると思います」と
    岩田さんは言う。

    また、愛知県民生生活部総務課人権推進室の大黒康子さんは、「自治体が作る人権ポスターに
    マンガを取り入れることに批判的な声が挙がるのではと少し危惧していましたが、マンガで分かりやすく
    示すことで、人権という難しいテーマが自分たちの中にすとんと落ちてくれたのではないかと思います」
    と語った。

    12月5日から11日には、愛知県内のJR、名鉄各線の主要駅のホームなどにポスターが掲出される。
    この機会に家族や仲間と人権について考えてみてはいかがだろうか。

    ソース/THE PAGE
    no title


    画像
    no title

    【【社会】「これって人権問題だったのか」―今年の愛知県啓発ポスターSNS上で話題に(※画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ