カテゴリ:芸能人記事 > アイドル・グラビアアイドル・モデル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/20(月) 05:10:20.17 ID:CAP_USER9
    2017年02月20日

     「女子高生ミスコン2015-2016」でグランプリに選ばれ、“日本一かわいい女子高生”などと呼ばれる永井理子さんが、20日発売の週刊誌「週刊プレイボーイ」(集英社)10号のグラビアに登場した。永井さんはテレビ番組「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」などにも出演。同誌に登場するのは初めてで、“高校卒業グラビア”をテーマに制服姿や水着姿を披露した。

     永井さんは「可愛いセーラー服を着られたのがうれしかったです。通っていた通信制の高校は私服でしたし、中学の時の制服はこんなに可愛くなかったし……。グラビアを撮っていただいたのは、『テラスハウス』の時以来、2度目でしたが、その時よりもリラックスして臨めて撮影を楽しむことができました」と話している。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    ・「週刊プレイボーイ10号」のグラビアに登場した永井理子さん(C)関根和弘/週刊プレイボーイ
    no title
    【【永井理子】“日本一かわいい女子高生”が高校卒業グラビア!水着や制服姿に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/20(月) 12:19:54.437 ID:fGi5hZ9E0
    no title
    【【画像】中国のコスプレイヤーが可愛すぎると話題にwwwwジャップとの格の違いを見せつけるwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/20(月) 10:16:27.60 ID:CAP_USER9
    乃木坂46の3期生・山下美月(やました・みづき)が、20日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」12号の表紙を飾る。

    ◆“づっきー”が初表紙・巻頭グラビア

    昨年、乃木坂46・3期生オーディションに合格し、「週刊ビッグコミックスピリッツ」賞を受賞した“づっきー”こと山下美月が、初表紙・巻頭グラビアで登場。

    誌面では、制服やリラックスした部屋着姿、美脚あらわなミニスカートなどを着こなし。

    撮影の序盤は、緊張からか少し表情が固かった彼女だが、撮影が進むにつれていろんな表情を見せてくれるように。
    将来のエース候補として大きな注目を集めている“づっきー”に今から注目だ。

    ■山下美月プロフィール
    1999年7月26日、東京都出身。O型。愛称はづっきー。
    2016年9月に乃木坂46の3期生として、約5万人の中から選ばれた。
    オーディションの企画賞では、雑誌の「Zipper」(祥伝社)、「LARME」(徳間書店)、「週刊ヤングマガジン」(講談社)、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)から特別賞を受けた。

    http://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1664859/

    「週刊ビッグコミックスピリッツ」12号 山下美月
    no title
    【【乃木坂46山下美月】「次世代エース」“伝説”開幕「スピリッツ」初表紙・巻頭グラビア登場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/19(日) 19:36:51.77 ID:NmJXqFRE0 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
    人気グラドル、青山ひかる(23)が19日、東京・ソフマップ秋葉原アミューズメント館で行
    われた13枚目のDVD「いま、アイたくて・・」(イーネット・フロンティア、4104円)の発売
    イベントに出席した。

     愛くるしいルックスと1メートル54、B95(Iカップ)W59H90の豊満ボディーをフロン
    トジッパー水着に包み登場。初めてのタイでの撮影を「葉っぱが汗でずれて、ポロリが
    大変でした」と苦笑い。タイトルにちなみ「会いたい人」を聞かれ、「声優の緑川光さん
    です」と声を大にしていた。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170219/gra17021918570004-n1.html
    no title
    【B95W59H90、Iカップグラドル青山ひかる(23)「葉っぱがずれてポロリが大変でした」】の続きを読む

    このページのトップヘ