ホームアイコントップページ > >

    カテゴリ:スポーツ > アスリート

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/05(日) 09:30:44.30 ID:CAP_USER9
     アイドルと見まがう眉目秀麗な17歳の女子プロテニス選手、キャサリン・ベリス(米国)が2月、自身の今季初戦で格上相手を下す番狂わせを演じ、米メディアの熱視線を浴びている。今後の躍進を予感させる注目の美女アスリートだ。

     ハムストリングスを負傷していたベリスは2017年シーズンのスタートが遅れた。2月25日までアラブ首長国連邦・ドバイで開催された女子テニス「ドバイ・デューティーフリー選手権」が今季初戦となったものの、1、2回戦を順調に勝ち上がると、3回戦では第4シードの世界ランク6位、アグネツカ・ラドバンスカ(28、ポーランド)と対戦。

     当時の世界ランク70位のベリスにとって、当然ながら2012年ウィンブルドン準優勝者は格上の相手。それでも6-4、2-6で迎えた第3セットで、2-0から2-2と追いつかれたものの、集中力を切らさずに6-2で押し切り、金星を挙げた。米テニス・メディアは「波を起こしたのは今回が初めてではない」と評価した。

     ベリスも「間違いなく、これは私のキャリア最大の勝利だわ」と歓喜した。準々決勝でキャロライン・ウオズニアッキ(26、デンマーク)にストレートで敗れたが、15歳で出場したグランドスラム、全米オープン選手権の1回戦を勝利し、最年少記録を打ち立てた逸材なのだから驚くほどではないのかもしれない。

     セリーナ・ウィリアムズに代表されるパワー・テニスが女子テニス界を席巻する最近の潮流からいって、ベリスの168センチ、50キロの体格は華奢。写真でも分かるほどの美しい顔立ちを見ると、モデルでも通用するほどだ。テニスのインターネット・ニュースサイト「THE TENNIS DAILY」には小柄だが、メンタル的に強いものを持ち、順調に成長すれば将来が楽しみな存在と紹介されている。

     ベリスもそれを自覚しているようだ。16年の全米オープンで3回戦進出を果たした2週間後の9月、米フォーブス誌(2016年版)で全米1位にランクされた名門スタンフォード大の奨学金を断り、「夢見ていた」というプロ・ツアー選手の生活に踏み切った。

     16年には下部ツアーで4勝。11月に行われたハワイ・オープンでWTA大会を初優勝し、手応えをつかんだ。それを証明するように、ベリスは今年2月、ドバイの英字メディアで「昨年のようにいかなくても、成長していくためには(大学生活から離れたのは)正しい選択だと思う」と自信をのぞかせた。同メディアは、ベリスが自らの決断に満足していると感じ取っていた。

     知名度がそれほど高くない現在、インスタグラムのフォロワーは3万2600人ほど。「ザ・テニス・ジャーナル」が「プロで上位に達すると予測している」と太鼓判を押す実力が開花し始めており、最新の世界ランクは56位で自己最高位に達した。ベスト100の中では最年少という。人気が出ることは間違いない清楚感。今からフォローすることをお勧めしたい美女選手の1人だ。


    2017.3.5 01:00
    http://www.sankei.com/premium/news/170305/prm1703050006-n1.html
    no title

    【才色兼備の金髪巨乳美少女テニス選手、キャサリン・ベリス17歳、名門スタンフォード大を捨てプロの道へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/05(日) 07:57:18.79 ID:CAP_USER9
     テニスのグランドスラムの開幕戦となった全豪オープン。真夏の南半球で開催され、女子選手の魅力的なユニホーム姿もコート上の魅力の一つになったことは間違いない。ただ、この1年、絶大な人気を誇る扇情的な美女選手の不在に物足りなさが募った。

     昨年の全豪での薬物テストで禁止薬物に陽性反応を示したマリア・シャラポワ(29)のことである。当初は24カ月の出場停止処分を国際テニス連盟から科されたが、10月に上訴したスポーツ仲裁裁判所(CAS)により15カ月に短縮されていた。

     その間はテニスから離れ、昨夏にはハーバード大学のビジネススクールに2週間通い、ビジネス知識の習得を試みたのだ。実際、彼女は「シュガポワ」というお菓子ブランドをプロデュース。日本にも2013年に上陸し、自ら広告塔となって人気を博しているようだ。

     その一方で、本業であるテニスには4月26日に処分が終了し、復帰が可能となる。ただ、1年近く休場していたことで、元世界1位のランキングも陥落。グランドスラムを含む主だった大会の出場にはワールドカード(主催者推薦)が必要になる状況だ。

     そんな中、今年1月10日、処分が解除される4月にドイツ・シュツットガルトで開催される大会に、大会スポンサーである高級自動車メーカー、ポルシェがワールドカードを与えると発表した。過去2012年から3連覇した相性のいい大会で、シャラポワは「好きな大会の一つで復帰第1戦を迎えられ、こんなうれしいことはありません」と感激していた。

     ポルシェは彼女のドーピング問題が発覚するまでスポンサー契約を結んでいた。問題発覚で、契約を一時中断すると発表していたが、昨年11月に米ロサンゼルスであった新車発表会にはシャラポワがセクシーな黒のドレス姿で登場し、花を添え蜜月ぶりを示していた。

     ただ、このワールドカードに欧米メディアが疑問を呈した。大会は4月23日に開幕。シャラポワの処分解除は4月26日。3日間のタイムラグに、英紙テレグラフ(電子版)は「彼女は特別な扱いを受けた」とした。そして「今年はローランギャロス(全仏)でプレーするにはワールドカードが必要です。ウィンブルドンでも。しかし、これらの招待状は否定されることはまずありません」と伝えた。

     女子テニスを統括するWTAのスティーブ・サイモンCEO(最高経営責任者)はシャラポワの復帰を「ワクワクしている」などと歓迎するように、女子テニス界には不可欠なスターなのだ。彼女のインスタグラムには230万人のフォロワーがいるのだから。

     そのインスタグラムには、この新年を過ごしたハワイの刺激的な写真が掲載されている。188センチ、59キロの8頭身を包んだ「黒の小さなビキニ姿を披露」と英紙デイリー・メールは報じた。英紙ザ・サンはシャープさを保ったスリムな容姿を「ビキニで披露」と絶賛。数多くのビキニ姿の写真を添付していた。やはり、美しきスターは得難いものだ。


    2017.2.5 01:00
    http://www.sankei.com/premium/news/170205/prm1702050016-n1.html
    no title
    【復帰間近なマリア・シャラポワ29歳 魅せた「ビキニ」のスリムな容姿】の続きを読む
    オススメ最新記事

    このページのトップヘ