カテゴリ:ニュース > 速報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん 2017/07/13(木) 19:03:29.13 ID:0Nebw3Mq0● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
    11歳女子レーサーが「F1優勝」目指す…父の影響「怖いと言っていたらなれない」

     元F1ドライバーの野田英樹さんの次女、Juju(本名樹潤)が大舞台を目指して、着実に歩みを進めている。
    「夢は日本人初の女性F1レーサーになって、優勝すること」と愛くるしい笑顔を見せた。

     岡山国際サーキットがある岡山県美作市在住で、小学6年生の11歳。父の影響で、3歳でレーシングカートを始めた。
    「抜いたり、抜かれたりが楽しかった」。昨年、F4にデビューした。小学生がF4を走らせるのは、
    世界で初めてだったという。ことし4月には同サーキットのコースレコードをマークした。

     速度200キロを優に超えるF4。重力加速度(G)による負荷もかかる。事故で入院したこともあるそうで、
    周囲からは危険との声もあるが、「怖いと言っていたらF1レーサーになれない」。

     タイムを縮めるためにコーナリングなどを磨き「苦手なところを直そうと頑張っている」と、1日に4時間も
    マシンを走らせることも。父の英樹さんは「とんでもないレーサーになる可能性を秘めている。
    自分と比べても、よっぽど才能がある」と目を細める。

     NODAレーシングジャパンに所属し、ミキハウスとも契約しているプロドライバー。F1までの道は、
    長く険しい。だが、厳しいコーチでもある父と、「負けても、負けても諦めない」と約束した。小さな体で大きな夢へ疾走する。

    http://www.sankei.com/west/news/170713/wst1707130028-n1.html
    no title

    【【画像】「抜くのが楽しい」F1優勝を目指す11歳の女の子をごらん下さい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん 2016/11/17(木)08:07:45 ID:FAo
    南極の地下3800mでボストーク湖の掘削調査を行っていたロシアの研究チームが、未知の大型生物と遭遇していたことが明らかになった。
    遭遇した生物と調査隊の間で戦闘状態となり、3人の調査員が命を落としたという。ロシアからスイスに亡命した科学者アントン・パダルカ博士が証言した。

    ボストーク湖で調査隊を襲った生物は、高度な知能を備えたタコ型の生命体だったという。調査隊はその生物を「46-B」と呼んでいる。

    no title


    http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2678

    【【悲報】ロシア調査隊、南極地下ボストーク湖でタコ型の知的生命体と戦闘し、3人死亡】の続きを読む
    オススメ最新記事

    このページのトップヘ