カテゴリ:外国・海外 > 海外ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/12/03(土) 17:51:28.08 ID:CAP_USER9
    世の中には、摩訶不思議な出来事や、科学的に説明できない超常現象などが起こることがある。
    そして、南米アルゼンチンで「浮遊する不思議な島」が発見され、ネットで話題になっているというのだ。
    まるで、人工的に切り取られたような完璧な円形をした島を見ると、思わず、ミステリーサークルを
    連想してしまうのである!

    ・アルゼンチンで ?浮遊する不思議な島” が発見される!
    アルゼンチンで不思議な島を発見したのは、米映画製作者のセルジオ・ニュースピラーさんだ。
    半年前、彼がSF映画の撮影ロケ地を探している最中に、同国の湿地帯パラナ・デルタで、プカプカと
    浮遊する島を見つけたのだ。
    彼が、”The Eye:目” と名付けた島は直径約119メートルの完璧な円形で、島の周りを囲う湿地帯も、
    同様に丸い形をしている。まるで、上空からレーザーか何かで、土地がくり抜かれたように見えるのだ。
    その不思議な円形の島は、プカプカと浮いている状態で、島の中心を軸にクルクルと回っている
    というのである。
    正体不明な島に惹きつけられたセルジオさんは、、アメリカに戻った後、専門家の意見を聞くために
    水力工学のエンジニアと工業技師を引き連れて、パラナ・デルタに舞い戻って来たのだ。そして、
    不自然なほどパーフェクトな円を描く島は、人工的に切り取られた可能性もあると見ている。

    ・SF映画をボツにして ”目” のプロジェクトに専念!
    人工的に島を切り取ることが可能なのかどうかは不明だが、そんなミステリアスな島は、SF映画の
    ロケ地にピッタリではないだろうか。
    ところがセルジオさんは、”目” の正体に迫るプロジェクトに専念するために、撮影するはずだった
    SF映画の企画をキャンセル! こうして彼は、ネットで募金を募るサイト「KICKSTARTER」で、”目” の
    謎を解くプロジェクトの資金集めに奔走しているそうだ。

    南米は、UFOの目撃情報が多いことでも知られているだけに、『X‐ファイル』が大好きな筆者は、
    すぐに「宇宙人の仕業だ!」と結論付けてしまった。セルジオさんが、”目” の正体を暴けるのかどうか、
    続報を待ちたいところだ。

    ソース/ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2016/12/01/831434/

    画像
    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10210126741742395&set=a.10210126736262258.1073741827.1153646005&type=3

    【【海外ニュース】南米で「浮遊する不思議な真円の島」が発見される・・・アルゼンチン(※画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/11/30(水) 17:21:59.31 ID:CAP_USER9
    世界最高齢に認定されているイタリア人女性、エマ・モラノさんが29日、117歳の誕生日を迎えた。
    長寿の秘訣(ひけつ)は、毎日欠かさず食べる生卵だという。

    モラノさんは1899年にイタリア北西部ピエモンテ州で生まれた。19世紀から3世紀を生き抜いてきた、
    世界でただ1人の人物だ。今年5月、米アラバマ州生まれのスザンナ・ジョーンズさんが116歳で
    亡くなったのを受けて世界最高齢の座に就いた。

    モラノさんの母は91歳まで、姉妹の何人かは100歳まで生きるなど長寿の家系。ただ本人によれば、
    第1次世界大戦の直後、十代の頃に始めた食生活が功を奏しているという。医師から貧血対策に
    生卵を食べるよう勧められ、その後ずっと従ってきた。

    モラノさんは長年、1日に生卵2個と調理した卵1個、ひき肉にパスタ少々という食生活を送ったが、
    年を取ってからは卵2個とクッキーだけになった。クッキーが大好きで、人に取られないよう枕の下に
    隠しているほどだという。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35092941.html
    sekaisaikourei

    【【海外ニュース】世界最高齢の女性117歳に!食生活は「生卵とクッキー」イタリア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/12/01(木) 07:16:17.35 ID:CAP_USER9
    19世紀のフランスの詩人アルチュール・ランボーが、同性愛の恋人関係にあった詩人
    ポール・ベルレーヌから発砲を受け、負傷した際の拳銃が11月30日、パリで競売に掛けられ、
    43万4500ユーロ(約5260万円)で落札された。
    仏メディアが伝えた。

    競売商クリスティーズなどによると、29歳だったベルレーヌは1873年7月、18歳のランボーと
    滞在中のベルギーの首都ブリュッセルで、この銃を購入した。その後、ホテルの一室で別れ話の
    もつれから口論になり「どうやったら別れられるか教えてやる」と叫び2回発砲。このうち1発は
    ランボーの手に当たったが、命に別条はなかった。

    事件後、ベルレーヌは逮捕され2年間服役。ランボーは代表作の詩集「地獄の季節」を発表した。

    クリスティーズによると、拳銃に刻まれた番号やベルレーヌが書類に残したサインなどから本物と
    確認された。2~3発しか使用された形跡がなく、史実とも一致しているという。クリスティーズは
    「仏文学史上最も悪名高い銃だ」と紹介している。

    ソース/YAHOO!ニュース(時事通信社)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000030-jij-eurp

    【【海外ニュース】ランボー負傷の銃、約5000万円で落札】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/11/25(金)16:59:26 ID:0mM
    「スペースうんちチャレンジ」――NASAが宇宙服トイレのアイデア募集 賞金3万ドル

     NASA(米航空宇宙局)はこのほど、トイレ機能を内蔵した宇宙服のアイデアを募集する「Space Poop Challenge」を懸賞金プラットフォーム「HeroX」で開始した。
    上位3つのアイデアに対し、賞金3万ドルが授与されるという。最も有望なアイデアは今後3、4年で実用化を目指す。

     募集するアイデアは
    「宇宙飛行士が両手を使わずに排せつできる」
    「最大6日間は排せつ物を管理できる」
    「宇宙服と一緒に5分未満で装着できる」、「利用できる電源は100mAh以下、最大28Vまで」
    といった要件がある。詳しくはWebサイトで確認可能だ。

     長時間に及ぶ宇宙空間のミッションでは、およそ144時間(6日間)はまともなトイレを使用できないことが予想される上に、分厚い宇宙服を着た宇宙飛行士たちは自分の手で自分の体を触ることもできないという。
    これまで宇宙飛行士が利用していた「おむつ」は1日しか使用できず、長時間の使用には適していない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000055-zdn_n-sci

    【「スペースうんちチャレンジ」 宇宙で脱糞する方法をNASAが募集中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/11/24(木)09:43:11 ID:cp9
    イギリス政府が国内におけるアダルトサイトのアクセスを完全規制する方針を固めたことが21日までに明らかとなった。
    igirisu

    http://business.newsln.jp/news/201611221015040000.html

    【【朗報】イギリス政府、アダルトサイトへのアクセスを完全規制へ 流石紳士の国や】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/11/16(水) 17:46:22.88 ID:CAP_USER
    ■ 動画をみる
     南米ペルーで、頭にナイフが刺さった男性が病院に運ばれた。  ペルー北部の病院。車から降りて治療に向かう男性の頭には、ナイフがまっすぐに刺さっている。
    ロイター通信によると、28歳のこの男性は別の男が所有するバイクを盗んだとして口論になり、刺された。
    頭にナイフが刺さったまま意識がもうろうとしながら歩いていたところ、近所の住民が気付き、病院に運ばれたという。  
    刺した男はその後、逮捕されている。男性は一見、ふつうに歩いているように見えるが、手術は数時間続き、容体は深刻だという。
    [ 11/16 16:28 NEWS24]
    http://www.news24.jp/nnn/news890138501.html

    【【国際】 歩いている男性の頭に…ナイフ ペルー[11/16]】の続きを読む

    このページのトップヘ