カテゴリ:芸能人記事 > 女優・俳優・タレント

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/20(月) 04:27:37.43 ID:9LdjoDjN0
    こんなCM地上波で流していいの…?
    no title

    no title

    【【悲報】dポイントCMでお馴染みの中条あやみちゃん、脱がされ始める…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/17(金) 11:48:07.95 ID:VYkVd7ow0
    17日、川崎競馬より平成29年度のPR概要が発表され、タレントの稲村亜美(21歳)がイメージキャラクターを務めることがわかった。

     競馬ビギナーながらも「競馬を楽しみながら、みなさんと一緒に川崎競馬を盛り上げて行きたいと思います!」と抱負を語り、今後は川崎開催のダートグレード競走日や、正月開催に現地来場(予定)するほか、ポスター等でPR活動を行う。

     なお、川崎競馬場での初お披露目は4月7日(金)を予定しており、当日はトークイベントも開催される。

    <稲村亜美プロフィール>
    生年月日:1996年1月13日
    血液型:A型
    出身地:東京都
    サイズ:身長173cm/B86cm・W61cm・H88cm
    趣 味・特 技:野球(9年間)、銀杏むき
    バラエティ、スポーツ番組、CM、グラビア出演など幅広く活躍中。

    【【祝報】川崎競馬のイメージキャラクターにタレントの稲村亜美さん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/18(土) 03:16:15.95 ID:CAP_USER9
     タレントの紗栄子(30)がインスタグラム(写真共有アプリ)でセクシーなビキニ姿を披露して反響を呼んでいる。以前ならママでなくても20代も後半になれば水着になることはあまりなかったが、近年ではタレント、熊田曜子(34)らが積極的にビキニを公開。グラビア界に異変が起きているようだ。

    << 下に続く >>

     2児のママ、紗栄子がインスタで公開したのは、パステルピンクの大胆なビキニショット。トップスはワンショルダーで、むきだしの肩から推定Dカップのバストの谷間がまぶしい。ほのかに灼けた健康的な肌と腰のくびれも強調され、グラビア慣れしたネット民も“総立ち”状態だ。

     「ファッション誌のためハワイで撮った本気カットの一部です。20歳そこそこのピチピチ感とはまた違う、ママタレならではの色気が匂い立つよう」(グラビア関係者)

     従来、グラビアはロリコン系とセクシー系に大別され、10代から20代半ばまでが際だっていたが、新たに三十路のママタレが一ジャンルを築きつつあるという。

    2/2ページ
     「ママタレが水着を披露するのは、昔はヌードやセミヌードの前哨戦というパターンが多かった。今は堂々、独身時代からの延長線上にグラビアが成立している。出産で崩れたプロポーションを、子育てをしながら取り戻すのは至難の業ですが、続々とチャレンジするママタレが増えています」と出版関係者。

    << 下に続く >>

     先日、55枚目となるDVDを発売した熊田も、大胆ビキニを披露している。イベントでも「60枚までは頑張りたい」と話していたが、「出産後、少しでべそになったのが悩みだとテレビで打ち明けていたが、それを感じさせないほどのくびれは変わらない」と放送関係者も舌を巻く。

     一昨年にはタレント、あびる優(30)が出産後にインスタに公開したビキニ姿が「ナイスバディすぎる」と話題をさらった。昨年は木下優樹菜(29)が沖縄への家族旅行でひもビキニを披露。女性ファンからも「スタイルよすぎ」と羨望の声を集めた。

     「日本人の平均寿命も延びた。いまの30歳は昔の20歳。そう考えればグラビア寿命が延びたのも納得です。独身ですが34歳の深田恭子がビキニを披露し、20代よりかわいいと絶賛されたのも、刺激になっているのでは」(前出・出版関係者)

     次は誰がママタレビキニを見せてくれるか? 芸能界がさらに楽しくなってきた。

    http://www.zakzak.co.jp/smp/entertainment/ent-news/news/20170317/enn1703171700009-s1.htm
    no title

    【【芸能ニュース】2児のママ、紗栄子がインスタでDカップビキニ姿公開、人妻グラドル市場活況 匂い立つ色気… [無断転載禁止]©2ch.net 】の続きを読む

    このページのトップヘ