カテゴリ:芸能人記事 > 女優・俳優・タレント

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/12/08(木) 18:16:49.37 ID:CAP_USER9
    ◆小指の横に別の指が!?小栗旬、映画「銀魂」画像にファンが騒然

    12月5日、かねてより注目度の高い実写版映画「銀魂」がメイン3人のビジュアルを解禁した。

    小栗旬が演じる主役の「坂田銀時」に関しては、「マンガやアニメよりシュッとしてる」
    「思ってたより違和感ない」といった高評価から、「天然パーマのはずが毛先を遊ばせてる感しかない」
    「修正感ハンパない」といった不満など賛否両論なのだが、特にある一部分で違和感を持った人が多いようだ。

    「銀さんのトレードマークでもある『洞爺湖』の文字入り木刀を握っている小栗の右手が、どう見てもおかしいんです。
    小指であるはずの指がやけに長くて違和感があるし、その小指の隣にもう1本指があるようにも見えるんです。
    映画会社は『小指に見える部分は小指の側面で、小栗さんの指が長いだけ』と発表、
    ネット上ではこの“6本指”画像で話題が持ちきりです」(芸能ライター)

    (▼続きは以下のURLでご覧下さい)

    アサ芸+ 2016年12月8日 17:59
    http://www.asagei.com/excerpt/71706

    ■写真
    20161209_gintama
     

    【【怪奇】小指の横に別の指が!?小栗旬、映画「銀魂」画像にファンが騒然【画像あり】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/12/09(金) 11:46:51.23 ID:CAP_USER9
    モデルで女優のトリンドル玲奈が8日、自身のInstagramにてヘアカットを報告。
    ファンから絶賛のコメントが寄せられた。

    トリンドルは「切った!」とコメントし写真を投稿。
    肩下までのミディアムヘアから、ショートボブにばっさりとカットし、ふわっと柔らかな印象のNEWヘアを披露した。

    ◆先月から徐々にショートに NEWヘアに絶賛の声

    トリンドルのショートヘアにファンから「すんごい可愛い!!」「お人形さんみたい~」「こんなに短い玲奈ちゃん新鮮だ。似合ってる」「私も切りたくなった」といった絶賛の声が多数。

    また先月5日、13日にもカットしていたことから「どんどん短くなるね!ショートのトリちゃんも見たいです!」「もっと短いのも似合いそう」といったコメントも寄せられた。

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1209/mod_161209_3665132126.html

    “ばっさり”ショートボブにイメチェンしたトリンドル玲奈 
    no title

    【【モデル】トリンドル玲奈“ばっさり”ショートボブにイメチェン「新鮮」「お人形さんみたい~」と絶賛の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/12/09(金) 18:04:15.54 ID:CAP_USER9
     タレント・ベッキー(32)が5年ぶりにコミュニケーションアプリ「LINE」の新テレビCMにナレーション出演することが7日、決定した。1月に勃発した「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)との不倫騒動後は一時芸能活動を休止、復帰後もなかなか仕事が以前のように戻らない時期が続いたが、ここにきて復調傾向。大みそかには、あの人気番組へのサプライズ出演も噂されている。

     ベッキーは2011年、LINEのサービス開始時にCM出演しており、同社は原点に立ち返る意味を込めての起用だとしている。新CMは年末年始に放送される予定で、今回は声だけの出演となる。

     ベッキーにとってLINEは、“因縁の相手”だ。不倫騒動が勃発した際、「週刊文春」にベッキーと川谷のLINEでのやりとりが流出。ベッキーが送った「センテンス スプリング!」「ありがとう文春!」「友達で押し通す予定!笑」という数々の“名言”は、まさに正真正銘の流行語となった。

     騒動発生から4か月後の5月には、TBS系のバラエティー番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で地上波復帰を果たしたが、思うように仕事のオファーは続かず、しばらく開店休業状態だったベッキー。だが年の瀬を迎えて一気に盛り返してきた。

     特に不倫に厳しい反応を示しがちなスポンサーの影響を受けやすい地上波テレビ番組への出演は難しかったのだが、それも解消されつつある。例えば先月末にはテレビ朝日の定例会見で、編成担当役員が「年末年始特番で出演を予定しております。しかるべき時に対応をお伝えしたい」と明言。各局も追随する動きを見せている。

     ベッキー自身は5日、TBSラジオ「たまむすび」にゲスト出演し「お仕事もありがたいことに増えてきて、今週とかオフが一日もないくらい」と話した。

     最近ようやく仕事が増えつつあるベッキー。大みそかには、日本テレビ系で放送される毎年恒例の人気番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』」にサプライズ出演するという情報がテレビ局関係者の間で駆け巡っている。

    「局内ではまだシークレットだが、ベッキーが出演するという話は出回っている。ダウンタウンの松本人志は、ベッキーの仕事がほとんどない時期に、レギュラーを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)に呼んでくれた恩人だから、十分にあり得る話でしょう」と日テレ関係者。

     不倫騒動からもうすぐ1年。いよいよ復活ののろしは上がったようだ。


    2016年12月09日 16時30分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/626653/
    no title

    【【芸能】ベッキー完全復活?! 大みそか「ガキ使」サプライズ出演情報】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/12/07(水) 05:07:39.65 ID:CAP_USER9
    佐藤健&土屋太鳳 “奇跡の結婚式”夫婦の感動ストーリー
    2016.12.7

     俳優の佐藤健(27)と女優の土屋太鳳(21)が、動画サイトをきっかけに“奇跡の結婚式”と呼ばれた実話を基にした映画「8年越しの花嫁」(来年冬公開)にダブル主演し、初の夫婦役を演じることが6日、分かった。

     結婚式の3カ月前に花嫁が病に倒れ、昏睡(こんすい)状態に。意識は戻るものの、記憶障害で婚約者のことを忘れていた。それでも2人が離れることはなく8年後、奇跡が起きる…と、まるでドラマのような物語だが、岡山県在住の夫婦に起きた実話。
    2014年に8年越しの挙式をした際の映像が動画サイトで「泣ける」と話題になり、昨年7月には書籍化もされた。

     献身的な愛を貫く佐藤は、繊細な心情を持ち前の演技力で表現。健康的な役が多かった土屋は、発症率が300万人に1人とされる難病「抗NMDA受容体脳炎」と闘う女性という新境地に挑む。2人の共演は「るろうに剣心」以来、3年ぶり。
    来年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」も手がける脚本の岡田惠和氏が「最強の2人で描くことができて幸せ」と語るベストタッグで来年1月上旬にクランクインする。

     メガホンを執るのは映画「64-ロクヨン-」などで人間ドラマに定評がある瀬々敬久監督。オファー前にドキュメンタリー番組を見ていたという佐藤は「舞い降りた奇跡の実話を、少しでも多くの方に伝えたい。全身全霊を捧げます」と気合をみなぎらせた。
    土屋も原作本を読んでおり「すべてを注ぎ、すべてを捨てて、演じます」と覚悟を明かした。



    no title

    【【映画】佐藤健&土屋太鳳でW主演“奇跡の結婚式”夫婦の感動ストーリー「8年越しの花嫁」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/12/09(金) 16:30:14.76 ID:CAP_USER
     俳優の成宮寛貴(34)が9日、芸能界引退を発表した。所属事務所が明らかにした。

     先週、株式会社講談社が発刊した「フライデー12/16号」(12月2日発売)記載の
    「成宮寛貴『コカイン吸引』疑惑」に関する記事は、所属事務所が「事実無根です」と
    疑惑を否定していた。

     また成宮本人も「今回フライデーに掲載された事実無根の記事に対して、非常に憤りを感じます。
    私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません。ファンの皆様、関係者の皆様には、
    ご心配・ご迷惑をおかけ致しました事を心よりお詫び申し上げます」と2日の日付けに、
    直筆サインを添えて疑惑を完全否定していた。

    成宮寛貴
    20161209-00010000-spht-000-1-view


    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00010000-spht-ent

    【【ニュース速報】成宮寛貴が芸能界引退、所属事務所が発表】の続きを読む

    このページのトップヘ