タグ:インスタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/18(土) 04:52:57.54 ID:CAP_USER9
    天木じゅん:バスト96センチの胸開きドレス、ビキニ、シャワーも 「ヤンマガ」グラビアで大胆に
    2017年03月18日

     グラビアアイドルの天木じゅんさんが、18日発売のマンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)第16号の表紙と巻頭グラビアに登場した。

     天木さんは胸を大胆に露出したドレスやビキニ姿で、バスト96センチの迫力のボディーを披露。シャワーを浴びるセクシーな写真も掲載された。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    「週刊ヤングマガジン」第16号の表紙と巻頭グラビアに登場した天木じゅんさん(C)佐藤裕之/ヤングマガジン
    no title

    【【天木じゅん】バスト96センチの胸開きドレス、ビキニ、シャワーも!「ヤンマガ」で大胆に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/16(木) 18:38:52.60 ID:CAP_USER9
     「2017年旭化成グループキャンペーンモデル」にモデルの大伴理奈(22)が決まり16日、東京都内で発表された。

     前日15日に白百合女子大文学部フランス語フランス文学科を卒業したばかり。身長1メートル72、B82W60H87の“9頭身美女”は、16歳で現在所属する事務所にスカウトされ、モデルと学業を両立させてきた。

     「所属事務所の先輩でもあるアグネス・ラム(現在は引退して米ハワイ在住)さんが初代。そのキャンペーンガールに選ばれ幸せです。社会人の一歩をいい形でスタートできてうれしい」と笑みがこぼれた。中国語やフランス語も話せるとあって「将来は国際派女優を目指したい。女優の井川遙さんに似ているといわれるので、目標にしたい」と意気込みを語った。


    2017.3.16 14:31
    http://www.sankei.com/photo/photojournal/news/170316/jnl1703160002-n1.html


    2017旭化成キャンペーンモデルに選ばれた大伴理奈=16日、東京都千代田区(春名中撮影)
    no title

    【【芸能ニュース】(動画付き) 大伴理奈「国際派女優目指す」旭化成キャンペーンモデルに決定!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/15(水) 20:39:59.67 ID:CAP_USER9
    2017-03-15 17:41

    中条あやみがメイクブランド「KATE」の新ベースメイクシリーズイメージキャラクターに就任し、15日に都内で行われたイベントに出席した。

    中条は「NO MORE RULES.」をブランドスローガンとする同ブランドのイメージにふさわしいミステリアスな雰囲気と、ブランドの世界観に負けない存在感を持ち合わせているという理由で、新イメージキャラクターに抜擢。

    この日、背中が大きく開いたラグジュアリーな黒のドレスと仮面をまとって登場した中条は、妖艶なオーラを放ち、集まった観客を魅了。そして、中条扮する少女が本商品に触れることで美に目覚め、大人の女性を変わっていくというストーリーの新CMがお披露目されると、中条は「うわ~」と声を挙げ、「わたしも初めて見たんですけど、自分じゃないみたい。クールでしたね」と嬉しそうにコメント。

    また、化粧品のCMに初めて出演したことについては「本当に(CMの)世界観が格好良くて、これを自分がやるのか…と信じられなくて、撮影の日まで全然実感がなかったです」と語ると、「今こうやって見て、すごく嬉しい」と笑顔を弾けさせた。

    ◆撮影エピソード&20歳の抱負も

    撮影エピソードに話が及ぶと、「監督が『カメラを誘うような目線で!』とおっしゃっていて、カメラを誘うってすごいなぁと思いながら、自分にできる大人っぽさというか、すごい背伸びして撮影していました」と告白。そして、「いろんな角度から撮っていただいて、すごい楽しかったです。今までにない感じでした」と初体験を喜んだ。

    また、先月二十歳になったばかりの中条は「ショーの時もバックステージでヒヤヒヤするので、あがり症なところをゼロにして、大人っぽくなりたい」と新しい自分との出会いに期待を寄せた。(modelpress編集部)


    no title

    【【中条あやみ】美背中あらわなSEXYドレスで妖艶オーラを放つ!】の続きを読む

    このページのトップヘ