タグ:ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん 2016/12/07(水) 05:07:39.65 ID:CAP_USER9
    佐藤健&土屋太鳳 “奇跡の結婚式”夫婦の感動ストーリー
    2016.12.7

     俳優の佐藤健(27)と女優の土屋太鳳(21)が、動画サイトをきっかけに“奇跡の結婚式”と呼ばれた実話を基にした映画「8年越しの花嫁」(来年冬公開)にダブル主演し、初の夫婦役を演じることが6日、分かった。

     結婚式の3カ月前に花嫁が病に倒れ、昏睡(こんすい)状態に。意識は戻るものの、記憶障害で婚約者のことを忘れていた。それでも2人が離れることはなく8年後、奇跡が起きる…と、まるでドラマのような物語だが、岡山県在住の夫婦に起きた実話。
    2014年に8年越しの挙式をした際の映像が動画サイトで「泣ける」と話題になり、昨年7月には書籍化もされた。

     献身的な愛を貫く佐藤は、繊細な心情を持ち前の演技力で表現。健康的な役が多かった土屋は、発症率が300万人に1人とされる難病「抗NMDA受容体脳炎」と闘う女性という新境地に挑む。2人の共演は「るろうに剣心」以来、3年ぶり。
    来年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」も手がける脚本の岡田惠和氏が「最強の2人で描くことができて幸せ」と語るベストタッグで来年1月上旬にクランクインする。

     メガホンを執るのは映画「64-ロクヨン-」などで人間ドラマに定評がある瀬々敬久監督。オファー前にドキュメンタリー番組を見ていたという佐藤は「舞い降りた奇跡の実話を、少しでも多くの方に伝えたい。全身全霊を捧げます」と気合をみなぎらせた。
    土屋も原作本を読んでおり「すべてを注ぎ、すべてを捨てて、演じます」と覚悟を明かした。



    no title

    【【映画】佐藤健&土屋太鳳でW主演“奇跡の結婚式”夫婦の感動ストーリー「8年越しの花嫁」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん 2016/12/06(火) 19:06:22.37 ID:CAP_USER9
     朝ドラ『あさが来た』(NHK総合)で注目された吉岡里帆がその後、連続ドラマに3期続けてレギュラー出演中だ。CMやバラエティでもよく見るようになり、緩やかにブレイクを果たしつつある。ドラマでは控えめな役が多いが、本人も整った顔立ちながら派手すぎないたたずまいで、“ジミカワ(地味で可愛い)”ぶりが好感度を高めている。

    ■地味さに不釣り合いなスレンダーボディへ熱い視線

     吉岡は京都出身の23歳。時代劇の撮影スタジオで知られる太秦で育って演技に興味を持ち、大学生時代には小劇団の舞台や自主制作映画に出演していた。東京の事務所に所属してからは、2014年に『週刊プレイボーイ』(集英社)で水着グラビアを披露。どちらかといえば地味とも言える大人しそうな顔立ちながら、そのスレンダーなスタイルの透明感あるビジュアルは大反響を呼んだという。グラビアファンからは、そんな地味さとスレンダーボディの不釣り合いなところも人気で、当時から熱い視線が注がれていた。

     女優業でも、2015年にはヒロインを演じた『明鳥』など3本の映画に出演。そして今年2月から、高視聴率を続けていた朝ドラ『あさが来た』の終盤に、あさの娘が女学校の寮で同室となる田村宜(のぶ)役でレギュラー出演した。宜は丸メガネをかけていて、いつも読書をしている寡黙なキャラクター。のちにあさの秘書見習いを務めるようにもなるが、劇中では地味な印象で、グラビアで吉岡を知ったファンも知らずに観たら、彼女だと気づかないほどだった。

     逆にこのドラマで彼女を知った人は、メガネを外した姿を雑誌や、続く4月期ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)などで観て、美人ぶりに気づくことになったようだ。5月からは加藤ローサ、倉科カナ、広瀬すずらが務めてきたリクルート『ゼクシィ』の9代目CMガールに抜擢されて、大量オンエアから知名度を広げていった。

    ■美人すぎず、好みのわかれない“ちょうどいい”ビジュアル

     とはいえ、『ゼクシィ』CMでも美しさというより、結婚前のカップルのほっこりぶりが評判になった。ドラマでは『ゆとりですがなにか』で真面目な教育実習生、放送中の『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)で吉田羊が演じる女医に振り回される研修医と、一歩引いた役が続く。華やかさで目を引くわけではないが「かわいさが心のオアシス」「だんだん気になってきた」といった声がネットに挙がっている。美人すぎず、好みのわかれない“ちょうどいい”ビジュアル、派手でなく清純そうな“ジミカワ”ぶりが、幅広い人気を呼んでいるようだ。

     ここ最近では、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)、『ネプリーグ』(フジテレビ系)、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)などバラエティ出演も急増中。ビートたけしのモノマネを振られてコマネチポーズをとりながら「バカヤロー、コノヤロー」と口走ったり、浜田雅功に「『おもしろいやんけ!』と頭をシバイてほしい」とリクエストしたり、真面目と天然が入り混じったキャラクターで笑いも誘う。同時に、意外と素に近いバラエティのほうがかわいらしさが出ていたりもする。

     10月以降はCMもENEOS『SSスタッフの思い』、第一三共ヘルスケア『トラフル』などが増え、12月には、『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)などで知られる福田雄一演出、ニール・サイモン原作の『ナイスガイ in ニューヨーク』で舞台初出演。人気とともに演技力の評価も高め、着実にステップアップしている。ただ、これからも主役を張るより、脇役ポジションでさり気なく目を引くほうが、吉岡里帆のジミカワさには合っていて観る側も心地良いかもしれない。
    (文:斉藤貴志)


    2016-12-06
    http://www.oricon.co.jp/special/49611/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【吉岡里帆】地味さがいい?“ジミカワ”ビジュアルで幅広い人気!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん 2016/12/06(火) 15:08:52.19 ID:UHkpFO72p
    ぐうシコ

    no title
    tuchiyatao

    【【画像あり】土屋太鳳のスケスケおパンツデカ尻画像wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん 2016/12/04(日) 16:08:18.25 ID:CAP_USER9
     女優・土屋太鳳(21)が4日、都内で行われた「2016 夢のクリスマスケーキコンテスト」グランプリ作品の発売記念イベントに、パティシエ姿で登場した。

     昨年のNHK連続テレビ小説「まれ」でパティシエ役を演じた土屋。「パテシエは本当に影響を与えてくれた大切な職業。また着られてうれしい」と笑みを浮かべ「ショートケーキって、日本のオリジナルなんですよ」と豆知識を披露した。

     今春にはその「まれ」で共演した山崎賢人(22)との交際報道もあった。クリスマスの過ごし方を聞かれると「毎年家族と過ごしていますが、ホームパーティーに憧れているので、今年は大学の友達や仕事でお世話になっている人と集まって、みんなでクリスマスケーキを作れたらいいなと思ってます」と回答。

     リポーターから「そこに彼氏は入ってない?」と突っ込まれると「なんかもう、人生全て勉強しながらって感じです。クリスマスもみんなで過ごせたらいいなと思います」とかわした。

     今年を振り返って「毎年一年、あっという間なんですが、今年は30年間ぐらい生きた気持ちです。ありがたいことにたくさんの役を生きることができた。来年もいろんなことに挑戦していきたい」と充実した一年を過ごせた様子だった。

     同コンテストは銀座コージーコーナー主催。全国の小学校6年生までの児童から「こんなクリスマスケーキがあったらいいな」と思うイラストを募集。グランプリ作品は実際にケーキにし、200台限定で販売する。今年は過去最多の1万7663作品から北海道の平野愛美ちゃん(5)の作品がグランプリを受賞。この日のイベントで土屋が記念盾などを贈呈した。


    2016年12月04日 14時51分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/624810/
    no title

    【【芸能ニュース】土屋太鳳がパティシエ姿披露!クリスマスは「みんなでケーキ作れたら」 】の続きを読む

    このページのトップヘ