タグ:卒業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/20(月) 13:39:29.93 ID:CAP_USER9
     福岡市を拠点に活動するアイドルグループ「LinQ」のメンバー・秋山ありす(27)が医師国家試験に合格。これを機にグループを卒業することが分かった。19日の2部公演で発表した。

     公式ブログは秋山のメッセージを掲載した。

    「これまで、秋山ありすを応援して下さった皆様、本当に本当にありがとうございました。LinQの1期生としてデビューし、ずっと皆様があたたかく優しく、しかりと支え続けてくださったおかげで、こうして幸せな卒業を迎えることができました。ただただ感謝の気持ちでいっぱいです…。皆様の笑顔こそが、私の原動力でした。共有した思いや時間は絶対に忘れません。LinQメンバーであったからこそ出会えた皆様。LinQメンバーであったからこそ出来たひとつひとつのことが私の宝物です。これからの人生においても、皆様のあたたかい言葉を思い出し、頑張っていこうと思います。本当にありがとうございました」

     秋山は九州大学医学部に通いながら1期生としてアイドル活動をしてきた。昨年、大学を卒業したが医師国家試験には合格できなかった。昨年5月2日、自身のブログで「今回の国家試験は私の努力不足でまさかの結果となってしまいました」と報告。試験合格を目指し、アイドル活動休業を発表していた。

    2017年03月20日 11時22分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/664629/
    no title

    【【LinQ秋山ありす】医師国家試験の合格とグループ卒業を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/18(土) 21:55:24.34 ID:CAP_USER9
    AKB48大和田南那(17)が18日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演に出演した。
    所属するチームAの劇場公演で、入山杏奈(21)らのほか、同期の市川愛美(17)達家真姫宝(15)らと最後のステージに立った。

    大和田は13年にデビューした15期生。
    14年にはテレビ東京系ドラマ「セーラーゾンビ」に主演に抜てきされ、ミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」ではヒロイン役を務めたほか、シングルの選抜にも3度、選ばれた。
    次世代の主力候補として期待されたメンバーの早すぎる卒業。
    ファンは精いっぱいの大歓声で大和田を送り出した。
    中村麻里子(23)が、序盤から「今世紀最大の『なーにゃ(大和田の愛称)』コール、行きますよ!」とあおると、場内は盛大なコールに包まれた。

    アンコールの特別セットリストでは、同期メンバーが全員、登場し、大和田が初めてセンターを務めた「Party is over」を披露した。
    さらに、仲良しの大島涼花(18)横島亜衿(17)とは、自身初の主演ドラマ「セーラーゾンビ」の挿入歌「最初の愛の物語」を歌った。

    大和田が衣装替えをする間には、同期メンバーが大和田との思い出を語った。
    ファンの間で大和田との不仲説が取りざたされた込山榛香(18)は、「お互い性格が似ていて、思ったことを言うタイプ」と、多少の衝突があったことを認めた。
    ただ、「仲たがいになってからも、会うたびに『炎上路線』を歌いたいねと言っていた」と、実はすぐ仲直りしていたという。
    さらに「2ショットを撮るたびに、これで『(ファンの間では)仲直り』ってなっちゃうね」と明かし、ファンを安心させた。

    最後のあいさつで大和田は、アイドルながら握手会が苦手だったことを明かした。
    「最初のころは中学生で、握手会が本当に嫌いでした。『塩対応』をしていた時期を知っている人もいると思う。それでも、あきらめずに私の機嫌を取ろうとしたり、笑わせようとしてくれたファンの方もいた。ありがとうございます」。
    最後の握手会後には、想像以上に多くのファンが見送りに来てくれたという。
    同期の向井地美音(19)から「愛されてる自覚はあった?」と聞かれると、「あった」と笑った。

    今後も芸能界を続ける。
    「卒業して女優を目指そうと思っているので。『セーラーゾンビ』のドラマのときは、本当に演技が嫌いだった。反抗期だったんですね。でも『AKB49』の舞台で、演技が楽しいと思うようになりました。これからも舞台やいろんなところで、演技をしていけたらなと思います。こんな私ですが、これからも応援をよろしくお願いします」。
    涙はなく、笑顔でのフィナーレに、ファンから「頑張れ~」と声援と温かい拍手を送られていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-01794251-nksports-ent

    大和田南那卒業公演
    no title

    【【AKB48大和田南那】卒業公演で告白「握手会が本当に嫌いでした」今後は女優を目指す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/20(月) 21:47:42.83 ID:CAP_USER9
    人気アイドルグループ・乃木坂46の橋本奈々未が24歳の誕生日を迎えた20日、さいたまスーパーアリーナで卒業コンサートを行った。
    同公演をもって芸能界からも引退する橋本は、会場を埋め尽くした3万5000人のファンを見渡すと
    「いままで本当にたくさんの応援をしていただいてありがとうございました」と号泣しながらあいさつ。
    2011年8月21日の結成日から丸5年半、グループが人気絶頂期を迎えるなか、
    ファンに「乃木坂御三家」と呼ばれる人気メンバーの橋本が盛大に送り出され、アイドル活動に幕を下ろした。

    昨年10月にグループからの卒業および芸能界引退を発表して4ヶ月。
    乃木坂46のデビュー5周年記念ライブ『5th YEAR BIRTHDAY LIVE』3daysは、もともと各日3万席のチケット販売を予定していたが即完売。
    急きょ追加販売された見切れ席やステージ裏席5000席も即完売となる過熱ぶりで、
    会場は3万5000人の観客でパンパンに膨れ上がり、横80メートル、縦120メートルをフルに使ったステージが組まれた。

    乃木坂46の『BIRTHDAY LIVE』は“持ち歌全曲披露”が恒例。
    これまでは1stシングル収録曲か順に披露してきたが、この日は橋本が各シングルから好きな曲をピックアップして構成し、37曲をパフォーマンス。
    初日の本編が終わってメンバーがステージを後にすると、声を枯らしたファンの「ななみん」「ななみん」コールが会場を揺るがした。

    開演前から終始、橋本カラーの緑一色に染まった巨大な会場に再び一人で戻ってきた橋本はステージスポットライトを浴びた橋本は「こんなに素敵な景色を何度も何度も目にしているのに、別の道を進みたいと思うのが、いちばん『ないものねだり』だなと感じます」と話したところで大粒の涙。
    「私が選んだその先に、正解があると信じています」と話しながら、何度も顔をぬぐった。

    メンバーを代表して同い年の白石麻衣が手紙を読み上げ、
    「私が乃木坂で過ごした5年半は、ななみんの隣にいた5年半でした。年も同じで、曲の中てはシンメトリーで、最高のパートナーだと思うようになりました」と打ち明けて抱き合うと、2人で声を上げて泣きじゃくった。

    生活苦で弟を大学に進学させるため、当時人気絶頂のAKB48の公式ライバルとして募集していた乃木坂46の1期生オーディションを受けた橋本は、11年8月21日に最終審査に合格。
    ファンからは白石麻衣、松村沙友理とともに「乃木坂御三家」と呼ばれるなど初期からの人気メンバーで、シングルでは自身がセンターを務めた最新曲「サヨナラの意味」まで16作連続で選抜入りした。

    卒業セレモニーでは最初で最後のソロ曲「ないものねだり」を情感たっぷりに熱唱し、
    ラストはこちらも最初で最後のセンターを務めた「サヨナラの意味」で締めくくり。会場の隅々にまで手を振り、ファンに別れを告げた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000311-oric-ent

    「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE~橋本奈々未卒業コンサート~」
    no title
    【【乃木坂46】橋本奈々未、“号泣”引退ライブ 人気絶頂で5年半の活動に幕「私が選んだその先に、正解があると信じています」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/02(木) 09:43:28.54 ID:CAP_USER9
    人気アイドルグループ・乃木坂46の橋本奈々未(23)が、24回目の誕生日にして自身のグループからの卒業日である今月20日に発売する2nd写真集のタイトルが『2017(ニイゼロイチナナ)』(小学館)に決定した。
    物憂げな表情でカメラを見つめる先行カットも公開された。

    橋本は、今月20日の24回目の誕生日に開催される乃木坂46の5周年ライブをもって、グループからの卒業と芸能界からの引退を発表。
    これに合わせて、専属モデルを務めてきた女性ファッション誌『CanCam』から、卒業記念写真集が同日に発売されることも決定していた。

    最後の作品のロケ地に橋本が選んだのは、ニューヨークのマンハッタン~ブルックリン地区。
    世界最先端のおしゃれなショップやグラフィックアートに触れた自然な表情、カフェで今時のN.Y.グルメ&スイーツを堪能するリラックスしたカットなどに迫った。
    さらに、初めてのランジェリースタイルで透明感のある白い肌を見せ、隠れた特技の“Y字バランス”も披露している。

    橋本は発売中の『CanCam』3月号の表紙も飾っており、ポートレートや1万字インタビュー、これまでの登場ページ紹介、77問のQ&Aなど、橋本の魅力に徹底的に迫った16ページの特集も掲載。
    ファンからは「永久保存版になる」と好評の声があがっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000304-oric-ent

    橋本奈々未2nd写真集「2017」
    no title

    no title
    【【乃木坂46】橋本奈々未 ラスト写真集の先行カット公開!初めてのランジェリー姿で透明感のある“白い肌”披露】の続きを読む

    このページのトップヘ