タグ:大学

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/06/17(土) 12:35:18.95 ID:CAP_USER9
    5月23日に発売した、鈴木愛理のスタイルBOOK「あいりまにあ」が、早くも3刷をする大ヒットとなっている。

    今春の大学卒業、そして12年間活動を続けてきた℃-uteの解散と新たな境地を迎えた鈴木愛理のオトナの一面を切り取ったスタイルブックとなる一冊。
    発売日に「SHIBUYA TSUTAYA」で実施した限定700名のイベントは、早々に参加券が売り切れ、「オリコン週間“本”ランキング ファッション部門」では1位(6月5日付け)を獲得するなど、発売直後から売れ行き好評で即重版が決定。
    品切れ店が相次いでいることから、早々の3刷決定につながった。

    大自然の中での野性的な表情をはじめ、白い肌で魅せるセクシーな表情、ベッドの上でのあどけない笑顔など、これまでにないシーンやシチュエーションによる撮り下ろしグラビアや、鈴木愛理の「今の気持ち」を語る1万字インタビュー、私服スタイル、セルフメイクの方法、今まで語ることのなかった大学生活の思い出、家族のことまで…この一冊を読めば、「あいりまにあ」になれるほど鈴木愛理の「今」が詰まった大充実の内容となっている。

    http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_137083/

    鈴木愛理 スタイルBOOK「あいりまにあ」
    no title

    【元℃-ute鈴木愛理「白い肌で魅せるセクシーな表情」スタイルBOOKがバカ売れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/14(金) 14:11:26.28 ID:CAP_USER9
     この4月に大学へと進学した女優の平祐奈が、隠しきれないほど成長したバストの破壊力を見せつけた!
     4月11日放送のトークバラエティ番組「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)にゲスト出演した平について、
    グラビア誌のライターが興奮した面持ちで語る。

    「長袖のワンピースを着用した平は肌見せを控えているかと思いきや、布地をバイ~ンと押し上げるバストに目を奪われましたね。
    しかもヒジくらいの高さでベルトを締めあげていたので、さらに胸のボリューム感を強調。
    あの見た目だともはやFカップは確実で、ノックアウトされた視聴者が続出したに違いありません」

     その平は姿勢よく椅子に腰かけ、ピシッと背筋を伸ばすことでバストが突出。入学式のように両手をヒザの上に重ね、
    両腕がさらにバストを押し出していたのだ。同様のワンピース姿は7日や9日付のインスタグラムでも披露されており、
    布地に押し込められた胸元の豊かさが実感できる。その平について、アイドル誌のライターはこう指摘する。

    「彼女は中2でアイドルユニット『おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!』を結成し、
    その当時は姉・平愛梨にも似たパッキリした顔つきが特徴でした。そんなルックスのままでバストが成長していたら、
    見た目がクドすぎて女優としての幅を狭めていたかもしれません。それがいい感じに顔が薄くなったことで正統派美人へと進化。
    さらにバストも成長したことで、アイドルのイメージを完全に払拭できたのではないでしょうか」

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    アサ芸+ 2017年4月14日 09:58
    http://www.asagei.com/excerpt/79147

    【平祐奈のお胸がバイ~ン! ベルトで締め上げた胸元に視聴者ノックアウト】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/07(金) 05:38:38.30 ID:CAP_USER9
    [2017年4月7日5時0分]

     タレント大久保佳代子(45)が10日発売の「週刊大衆」(双葉社)でセクシーグラビアに挑戦し、同誌の「創刊60周年記念スクープ袋とじ」として掲載されることが6日、分かった。

     下ネタトーク連発の姉御キャラで人気だが、「実はエロい」と業界では評判の美ボディーを初披露。温泉を舞台に、胸元もあらわに着物で横たわる姿など、“和”の雰囲気漂うエロスを見せている。


    ・大久保佳代子は「週刊大衆」の袋とじで美ボディーを披露
    no title

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1803667.html

    【【朗報】大久保佳代子がグラビア挑戦!袋とじで美ボディーを披露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/27(月) 00:32:33.95 ID:CAP_USER9
    欅坂46とけやき坂46(ひらがなけやき)を兼任する長濱ねるが、「週刊ヤングマガジン」17号(3月27日発売)の巻末グラビアを飾る。

    ◆長濱ねるが“引っ越し”したら…

    同誌及び「月刊ヤングマガジン」では、1年かけて欅坂46メンバー全員がソログラビアを飾るスペシャル連載「欅坂一人ひとり」を展開。
    4thシングル「不協和音」でフロントメンバーに抜擢された長濱が、8人目の登場となった。

    グラビアは、この春高校卒業を迎え、新しい一歩を踏み出したばかりの長濱にちなんで「もしねるちゃんが引っ越ししたら」がテーマ。
    インタビューでは、高校卒業を迎えた心境や、欅坂46とけやき坂46との関係、今後挑戦していきたいことを語っている。

    なお、次回の「欅坂一人ひとり」は、長濱同様にこの春高校を卒業した渡邉理佐が登場する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000027-mantan-ent

    「週刊ヤングマガジン」17号 長濱ねる
    no title

    【【欅坂46長濱ねる】「ヤンマガ」でソログラビアを飾る、エプロン姿やセーラー服姿を披露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/23(木) 15:25:06.46 ID:CAP_USER9
    「東京ドームボウリングセンター CuBAR LOUNGE(クーバーラウンジ)」記者発表会が23日、
    東京都内で行われ、タレントの稲村亜美とお笑いコンビのどぶろっく(森慎太郎、江口直人)が登壇した。

    野球の「神スイング」で話題になった稲村だが、この日は初のボウリング場で行う“始球式”に挑戦。
    どぶろっくの「プレイボール!」の掛け声とともに勢い良くボールを投げたが、
    その瞬間に「あぁっ!」と前方につんのめってしまい、跳ねたボールが倒したピンの本数は3本。
    まさかの結果に稲村は「すっごい恥ずかしいです」と赤面した。

    イベント後、稲村は不本意な結果に「かなり反省しています。
    今まで野球の始球式は何度もさせてもらったんですが、ボウリングの始球式は初めて。
    いつもと違った緊張感がありました」と悔しそう。小学校から野球をやってきた稲村だが「基本、野球は上投げでボウリングは下投げ。全然違いますね。
    やっぱりボールが重かった。自分で重いのを選んじゃったんですけど…」と反省しきりだった。

    そんな稲村を隣で見守っていた森は「並んでるピンを“我々のピン”と思うべきだった。そしたらもっと思い切って倒せたんじゃないか」と下ネタを炸裂。
    江口も「我々のピンは倒しても倒しても立ち上がるから」と悪ノリし、これには稲村も「何言っているんですか…」と呆れ果てていた。

    この日は、ボウリングセンターのオープンを祝して、どぶろっくが「もしかしてだけど」の歌ネタ“ボウリングバージョン”を披露した。
    ここでもギリギリの下ネタでイジられた稲村は「いや~、ひどいですね」とバッサリ切り捨てた。

    実はどぶろっくとは同じ「浅井企画」所属の稲村だが、イベントで共演するのはこれが初めてだそうで
    「(きょうは)どぶろっくさんの歌を聞けるな…ぐらいの軽い気持ちでいたので、私に(ネタが)来た時は焦りました。
    考えが甘かったです」と苦笑。短時間で多くの下ネタを吹っ掛けられたが「これが最初で最後の共演らしいです」と事務所関係者の意向を伝え、会場の笑いを誘った。

    25日にオープンする「CuBAR LOUNGE」は、バーカウンターでゆったりお酒を飲みながら、ボウリングが楽しめる大人の遊び場。
    同所を気に入った江口が「ここに来れば、微妙な関係の男女も絶対にいい関係になれる!」と太鼓判を押すと、
    稲村も「ここに連れてこられちゃったら口説かれちゃうかも」と納得の様子で、
    「やっぱり大人の男性、年上の方と来たい。せっかくお酒もあるのでおしゃれなカクテルと共に闘いたいです」と声を弾ませていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170323-00000003-tvfan-ent
    エンタメOVO 3/23(木) 14:50配信

    no title

    【【稲村亜美】「あぁっ!」「すっごい恥ずかしいです」ボウリング始球式、不本意な結果に…】の続きを読む

    このページのトップヘ