タグ:好感度

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん 2016/12/02(金) 12:17:27.54 ID:CAP_USER9
    ORICON STYLEは、毎年恒例の『好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。
    13回目となる今回は、昨年に続き日本テレビの【水卜麻美】アナが1位に選ばれ、
    2013年から4年連続で王者の座に輝いた。08年に5連覇を達成し殿堂入りを果たした、
    元フジテレビ・高島彩アナウンサーとは対照的なタイプのアナウンサーといえるが、
    アヤパンに次ぐ同ランキング史上2人目となる殿堂入りの大記録がすぐそこまで迫ってきた。

    ■唯一無二の“食いしんぼう”キャラを確立 一方でアナウンス技術も一級品

    2010年の入社から今年で7年目、すっかり日テレの“顔”として板についてきた水卜麻美アナ。
    水卜アナのすごさは、才色兼備でどこか近寄りがたかったこれまでの女性アナウンサーの
    イメージを壊し、まったく新しいタイプの女子アナ像を作り上げてしまったことだろう。
    放送スタート時からアシスタントを担当している『ヒルナンデス!』では食レポを極め、
    “食いしんぼうキャラ”を確立。その“頑張り”によって入社後、最大7キロ増量したことがある
    彼女は、いつしか女子アナとしては珍しいぽっちゃり体型をいじられるようになるが、
    持ち前の明るさを武器に柔軟に対応しタレント顔負けの存在感を発揮していく。

    スムーズな司会進行もさることながら、そういった親しみのある人柄やキャラクターが
    男女・世代を問わず多くの人から支持されている。寄せられた回答には、
    「彼女の食べっぷりを見ていると幸せな気持ちになれる」(北海道/30代・女性)、
    「健康的で可愛い笑顔に癒される」(東京/50代・女性)、「仕事を全力で頑張り、
    また楽しんでいるのが伝わってくる」(長野/20代・男性)、「いつも明るくて
    元気がもらえる」(大阪/40代・男性)とのコメントが目立ち、“ミトちゃん”がお茶の間の
    人々に元気を与えるビタミン剤、はたまた太陽のような存在になっていることが伺える。

    担当番組としてはバラエティが多いことから、どうしても明るいキャラクターに目が
    行きがちだが、もちろんアナウンス技術にも定評がある。ナレーションでは番組のタイプ
    によって声色を使い分け、先錬された大人たちが集う恵比寿エリアを紹介する『街活ABC』
    ではスタイリッシュに、親子向けの『ママモコモてれび』ではキャラクターのように
    愛らしく声入れをしており、「本当にミトちゃん?って思うくらい、ナレーションが
    すごくうまい! ニュース読みもとても聞きやすいです」(東京/20代・女性)との声も多い。
    水卜アナ自身、「アナウンス技術では絶対にイジられない!」というポリシーを持っており、
    誇り高く活動するその姿には「バラエティ以外でももっと見たい!」(岩手/30代・女性)、
    「報道系も担当してくれれば、ニュース離れしている人たちがもっと関心を持てるように
    なるのでは?」(岡山/30代・女性)などと、さらなる活躍を期待する声も寄せられている。

    続きは>>2

    【第13回好きな女性アナウンサーランキングTOP10】
    1位 水卜麻美日本テレビ
    2位 加藤綾子フリー
    3位 夏目三久フリー
    4位 有働由美子NHK
    5位 大江麻理子テレビ東京
    6位 赤江珠緒フリー
    7位 田中みな実フリー
    8位 竹内由恵テレビ朝日
    9位 大下容子テレビ朝日
    10位 桑子真帆NHK

    画像:no title

    ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000371-oric-ent

    【【女子アナニュース】第13回好きな女性アナウンサーランキング!日テレ・水卜麻美アナが4連覇!】の続きを読む

    このページのトップヘ