タグ:引退

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/03/23(木) 06:42:44.54 ID:EpxyJxyA0 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
    タレント、安枝瞳(29)が4月27日発売の写真集「やっさん」(徳間書店、5400円)を最後
    に、約4年間のグラドル生活にピリオドを打つことが22日、分かった。29歳の誕生日を迎
    える23日を前に衝撃の卒業宣言だ。

     グラビア引退を決意したのは昨年末。元気みなぎる笑顔と1メートル59、B87W61H95
    の迫力ある桃尻で魅了してきたが、サンケイスポーツの取材に「DVDも14作、年齢も29歳
    と中途半端だけど、私は決めたら頑固。未練はないです!」と晴れやかな表情を見せた。

     今後は女優などマルチな活動を目指す一方で、「女性としての幸せにも憧れます」と結婚
    願望も口に。“グラドル安枝”に会えるのは4月30日(時間未定)に東京・秋葉原の書泉
    ブックタワーで行う発売イベントが最後だが、「これからも応援してね」と呼びかけた。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170323/gra17032305030001-n1.html
    no title

    【B87W61H95、安枝瞳(29)がグラドル引退】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/20(月) 21:47:42.83 ID:CAP_USER9
    人気アイドルグループ・乃木坂46の橋本奈々未が24歳の誕生日を迎えた20日、さいたまスーパーアリーナで卒業コンサートを行った。
    同公演をもって芸能界からも引退する橋本は、会場を埋め尽くした3万5000人のファンを見渡すと
    「いままで本当にたくさんの応援をしていただいてありがとうございました」と号泣しながらあいさつ。
    2011年8月21日の結成日から丸5年半、グループが人気絶頂期を迎えるなか、
    ファンに「乃木坂御三家」と呼ばれる人気メンバーの橋本が盛大に送り出され、アイドル活動に幕を下ろした。

    昨年10月にグループからの卒業および芸能界引退を発表して4ヶ月。
    乃木坂46のデビュー5周年記念ライブ『5th YEAR BIRTHDAY LIVE』3daysは、もともと各日3万席のチケット販売を予定していたが即完売。
    急きょ追加販売された見切れ席やステージ裏席5000席も即完売となる過熱ぶりで、
    会場は3万5000人の観客でパンパンに膨れ上がり、横80メートル、縦120メートルをフルに使ったステージが組まれた。

    乃木坂46の『BIRTHDAY LIVE』は“持ち歌全曲披露”が恒例。
    これまでは1stシングル収録曲か順に披露してきたが、この日は橋本が各シングルから好きな曲をピックアップして構成し、37曲をパフォーマンス。
    初日の本編が終わってメンバーがステージを後にすると、声を枯らしたファンの「ななみん」「ななみん」コールが会場を揺るがした。

    開演前から終始、橋本カラーの緑一色に染まった巨大な会場に再び一人で戻ってきた橋本はステージスポットライトを浴びた橋本は「こんなに素敵な景色を何度も何度も目にしているのに、別の道を進みたいと思うのが、いちばん『ないものねだり』だなと感じます」と話したところで大粒の涙。
    「私が選んだその先に、正解があると信じています」と話しながら、何度も顔をぬぐった。

    メンバーを代表して同い年の白石麻衣が手紙を読み上げ、
    「私が乃木坂で過ごした5年半は、ななみんの隣にいた5年半でした。年も同じで、曲の中てはシンメトリーで、最高のパートナーだと思うようになりました」と打ち明けて抱き合うと、2人で声を上げて泣きじゃくった。

    生活苦で弟を大学に進学させるため、当時人気絶頂のAKB48の公式ライバルとして募集していた乃木坂46の1期生オーディションを受けた橋本は、11年8月21日に最終審査に合格。
    ファンからは白石麻衣、松村沙友理とともに「乃木坂御三家」と呼ばれるなど初期からの人気メンバーで、シングルでは自身がセンターを務めた最新曲「サヨナラの意味」まで16作連続で選抜入りした。

    卒業セレモニーでは最初で最後のソロ曲「ないものねだり」を情感たっぷりに熱唱し、
    ラストはこちらも最初で最後のセンターを務めた「サヨナラの意味」で締めくくり。会場の隅々にまで手を振り、ファンに別れを告げた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000311-oric-ent

    「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE~橋本奈々未卒業コンサート~」
    no title
    【【乃木坂46】橋本奈々未、“号泣”引退ライブ 人気絶頂で5年半の活動に幕「私が選んだその先に、正解があると信じています」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/21(火) 08:54:16.50 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 2/21(火) 3:30

     宗教法人「幸福の科学」に出家した女優清水富美加(22)の交際相手だった既婚者のバンドマンが過去に不倫関係にあったことを認め、所属事務所に報告したことが20日、分かった。

     スポニチ本紙が19日付で報じた元交際相手のバンドマンは、人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)。
    清水は千眼美子名義で17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていた。

     この日、飯田の所属事務所は「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています」と説明した。
    飯田は破局したとはいえ、清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家という行動に出たことの一つの要因になったかもしれないことに責任を感じ、事務所側に全てを明かした。

     一方の教団側は「本に書いてあることが全てです」と不倫関係については否定も肯定もしなかった。

     飯田の所属事務所は「今後の活動などに関しては協議中」とし、近く対応を発表する見通し。別の音楽関係者は「本で清水さんが“好きだった人も忘れました”と書いているように、2人の中で気持ちの整理はついている。
    処分が出るにしても活動に大きな影響はないのでは」と話している。

     ◆KANA―BOON(カナブーン) 高校の同級生だった谷口鮪(ボーカル)、古賀隼斗(ギター)、小泉貴裕(ドラムス)に飯田を加えた4人組。12年に音楽オーディションでグランプリを受賞。
    13年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。メジャーでシングル10枚、アルバム3枚を発売。オリコン最高位はアルバム「DOPPEL」(13年10月)の3位。


    ・清水富美加と交際していたことを認めた「KANA―BOON」の飯田祐馬
    no title

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/20/kiji/20170221s00041000084000c.html

    【KANA―BOON飯田、清水富美加との不倫告白…事務所が対応検討】の続きを読む

    このページのトップヘ