タグ:彼氏

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/19(水) 11:02:49.62 ID:CAP_USER9
    今後の人間関係が心配だ!?

    南海キャンディーズの山里亮太が、5日放送のラジオ番組「水曜JUNK山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)の中で、
    広瀬すずからツイッターのフォローを外されたことでとてもショックを受けていると嘆いた。

    山里は「元々、フォローしてもらえてたことが奇跡なんだけどね」と説明しつつも、
    フォロー外しは突然だったようで「俺、何かしたのかな?」と、頭を抱えていた。

    「山里はその後、広瀬がフォローしているメンバーをチェック。芸人を切り、俳優だけをフォローするようにしたのでは?と、勘ぐっていたようですが、
    NON STYLEの井上裕介やガリガリガリクソンなどといった芸人は変わらずフォローされていたとのこと。ですから、単純にふるい落とされただけのようです」(エンタメ誌ライター)

    この話題をきっかけに、広瀬がフォローから外したほかの芸能人の名前にも注目が集まっている。

    「AKB48の渡辺麻友、NGT48北原里英、さらにはAKB48グループ初代総監督の高橋みなみや川栄李奈といった元メンバーが外されていました。
    これにより、現役のAKBグループではHKT48の指原莉乃が唯一フォローされている状態になります。
    最近は欅坂46にハマっていると広瀬本人は話していましたから、AKBファンは複雑な気持ちながら納得しているようです。
    確かに時々は大掃除が必要ですが、広瀬がツイッターのフォローを整理するのは、
    一般人がアドレス帳を整理するのとはワケが違いますから、今後もいろいろと物議を醸しそうです」(エンタメ誌ライター)

    好意的に解釈すれば、こまめにチェックして整理整頓していただけとも考えられるが‥‥。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12954949/
    2017年4月19日 10時15分 アサジョ

    no title

    【広瀬すずのTwitter「フォロー整理」が物議!外された有名人の名前は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/19(水) 06:11:17.28 ID:CAP_USER9
    NHK連続テレビ小説「あさが来た」に出演して以降、大ブレイクを果たした女優の吉岡里帆。現在、「ゼクシィ」「UR都市機構」「ZOZOTOWN」のCMに出演し、テレビで見ない日はないほどメジャーな存在となっている。

     前クールのドラマ「カルテット」(TBS系)では“平凡な悪女”を演じて高い評価を受けたほか、今夏には「ごめん、愛してる」(TBS系)でヒロインを務めることが決定するなど、女優としてのキャリアを着実に積んでいる。

     いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女だが、周囲では意外な「反省の弁」が飛び交っているようだ。

    「先日、吉岡さんの事務所の人と話したのですが、『吉岡の売り出し戦略をミスしてしまった』と言っていましたね」と語るのは芸能関係者だ。一体、彼女に関する「戦略ミス」とは?

    「昨年11月に出演した『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)での吉岡さんの発言がマズかったみたいです。坂上忍さんから恋愛について聞かれた彼女は『恋愛はしてきました。15歳の時に彼氏ができて』と正直に答えたのですが、それがネットで爆発的に拡散してしまった。『カットしてもらえばよかった』と悔やんでいましたね」

     ネット掲示板では、吉岡の話題になると、事あるごとにこのエピソードが蒸し返され、批判のコメントが寄せられるという。

    「いまでは『15歳からオトコが途切れたことがない』なんて尾ひれまで付いていますよ」(前出・芸能関係者)

     事務所スタッフが悔やむ吉岡里帆の「15歳で彼氏」発言。アイドル的人気を集めているがゆえの反省なのであった。

    http://www.asagei.com/excerpt/79438

    【吉岡里帆「15歳から彼氏がいる」発言を事務所スタッフが“戦略ミス”と大後悔】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/14(金) 14:23:59.44 ID:6Yl8yhmX0● BE:618588461-PLT(36669) ポイント特典

    【美人巨乳グラドルがFC2でハメ撮り流出 ツイッター垢削除 グラビアDVD販売イベも中止】の続きを読む

    このページのトップヘ