タグ:画像

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/16(日) 17:07:16.23 ID:ZvklOQif0 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
     グラビアアイドルにとって胸が大きいことは魅力のひとつ。とはいっても、良いことばかり
    ではないというのも当人たちの見解。バスト100センチIカップの結城ちか(19)が、胸が大き
    すぎるがゆえの日常生活での不便さについて語ってくれた。

     * * *
     自分の胸が大きいと意識し始めたのは、グラビアの仕事をするようになってからなんです。
    ですから特に男性の視線とか気にしたこともなかったですね。でも、中学生の時の修学旅
    行前に、友人たちとブラジャーを買いに行ったんですが、みんなのはかわいいデザインが
    いっぱいあるのに、私のサイズはごついものしかなくて、がっかりした記憶はあります。

     アルバイトをする時は困りましたね。支給される制服がいつも入らなくて、胸のボタンが
    弾け飛びそうになるんです。あと、胸に食べ物をよくこぼします。お好み焼きを食べて帰っ
    て着替えたら、胸の谷間に青のりとかつお節が挟まっていたときは脱力しました。

    「実は俺、貧乳好きなんだ」と彼氏にフラれたこともありましたが、この仕事が好きなので、
    胸には感謝しています。

    ●ゆうき・ちか/1997年11月18日生まれ。山梨県出身。身長153センチ。B100・W60・H86。
    2014年に女子高生グラビアアイドルとしてデビュー。アイドルユニットのメンバーとして活
    動するなど、テレビやラジオで活躍。DVD『愛おしい愛』がインパクトより発売中。

    http://www.news-postseven.com/archives/20170416_509241.html?PAGE=1#container
    no title

    【【結城ちか】B100W60H86のグラドル「胸が大きすぎて不便、制服のボタンが弾け飛びそうになる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/17(月) 20:04:19.67 ID:alWsGvjP0 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
    小麦色の肌にFカップ巨乳グラドルとして注目の伊藤早由利が、2枚目のDVD『ミルキー・
    グラマー』(竹書房)の発売を記念したイベントが、16日に都内で行われた。

     昨年12月に撮影された今作は、女子高生になったり、社長秘書になったりと別の人格
    を演じている作品になっている。その内容については「先生といけない恋愛をしたり、社長
    とも秘密の恋をしちゃっています。両方ともいけない恋をテーマにしているので、違うキャ
    ラクターの私を楽しむことができます」と説明した。

     健康的な小麦色の肌で巨乳ということで、インパクトの強いビジュアルを持つ伊藤だが、
    母親がフィリピンとスペインと中国が混ざっていて、お父さんは日本人というハーフである。
    芸能界ではハーフタレントが多くいるが、ハーフグラドルはまだまだ少ないので、今後は
    ハーフグラドルとして注目を集めるのではないかと思う。

    http://npn.co.jp/article/detail/55835531/
    no title

    【【伊藤早由利】B89W56H88、健康的な小麦色の肌のFカップグラドル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/16(日) 20:32:42.48 ID:CAP_USER9
    ヒップ100センチを誇る“尻職人”モデルでタレントの倉持由香(25)が16日、ツイッターを更新し、この日行われた
    競馬のG1・皐月賞で3連単を的中し、100万円超え馬券をゲットしたと報告した。

     倉持はレース直後に「3連単的中しました!100万円超え馬券ゲット!!ありがとうございます!」とツイート。
    つづけて「欲しかったドラム式洗濯機が買えるぞおおおお!アルアインって名付ける!」と1着でG1初勝利となった
    9番人気のアルアインに感謝。早速、高級炊飯器の購入も報告し、2着に入ったペルシアンナイトと名付けた。

    no title

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170416-OHT1T50148.html

    【100センチヒップ倉持由香が100万馬券ゲット】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/16(日) 16:27:17.18 ID:nqdd5mqe0

    【【悲報】吉岡里帆の頭身おかしすぎて草】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/15(土) 14:06:18.22 ID:CAP_USER9
     人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版新作「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」(静野孔文監督、15日公開)でゲスト声優を務めている女優の吉岡里帆さん。今回が声優初挑戦で「悔しかったのが自分の単純な声量のなさと単純なアクセントの弱さ。今までは自然体で心で、ちゃんと思っていれば、お芝居は伝わるって信じて生きてきたんですけど、私のうぬぼれだったんだな」と反省しきりの吉岡さんに、声の仕事の難しさや女優業との違いなど、数々の“気づき”について語ってもらった。

     「から紅の恋歌」は、主人公の江戸川コナン(工藤新一)と服部平次という東西の高校生探偵がそろい踏みして難事件に挑む劇場版コナンの21作目で、原作の重要なキャラクターで百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉も劇場版に初登場する。日本の百人一首界をけん引する「皐月(さつき)会」の会見中に大阪のシンボル・日売テレビで爆破事件が発生。崩壊するビルの中、平次と幼なじみの遠山和葉が取り残されるが、駆け付けたコナンによって無事救出される。また京都・嵐山の日本家屋では「皐月杯」の優勝者が殺害される事件が起こり、現場のモニターには紅葉が映し出されていたことが分かる……という展開。

     ◇アニメは喜怒哀楽が10倍?「伝えるって部分が弱いと、本当に伝わらない」

     今回、平次と和葉が通う改方学園のかるた部主将で、平次と和葉とともに爆破事件に巻き込まれる枚本未来子(ひらもと・みきこ)役で声優に初挑戦した吉岡さん。準備に使った時間は約1カ月で、発声の仕方、声の“ため”や吐息の出し方まで、まずは声優という仕事の特徴をつかむことから始めたという。

     「言っても素人なので、素人がどうすれば映画館でかけてもらえるようなものになるかってたどると、役者として声優さんになりきるしかないなって思ったんです。声優という役が来たんだってことにして、声優さんってどんな特徴があるのか、普段からどんなしゃべりをしているのかって調べて。声優さんのラジオを聞いてみたり、声のまねをしてみたり、それこそ『コナンラジオ』とか、みんなの声から学びました」と明かす。

     女優業との違いは大きく、「役者だと自分の体を使って演技できるので、ちょっと笑っただけで意味が出たり、眉間にしわを寄せるだけで何か不快なんだろなって伝わるんですけど……。アニメっていい意味で動きが大ぶりで、笑っている時は本当にしっかりと笑っているし、泣いている時はものすごく泣いている。喜怒哀楽が10倍くらい大きい。そんな大きい表情をするアニメの子たちに合う声を探す難しさというのもありましたね」としみじみ。

     さらに「伝えるって部分が弱いと、本当に伝わらないことがあるんだなってことに気づけたのも大きかった」といい、「未来子が涙ぐんで『そやけど』っていうシーンがあるんですけど、その『そやけど』がハマらなくて。私は何なら涙ぐみながら言っているのに、アニメにハマらなくて、OKをもらえなくて本当に悔しくて。それで『なんでOKにならないんだろう』ってなった時に、声優さんって体のキャパを超えるくらいのエネルギーで声を入れていて、それで初めて伝わるんだろうなって思えたのは大きな収穫です」と振り返っていた。

    >>2以降に続きます

    2017年04月15日
    http://mantan-web.jp/2017/04/15/20170414dog00m200050000c.html
    no title

    【【吉岡里帆】「私のうぬぼれだった…」声優挑戦で数々の“気づき”】の続きを読む

    このページのトップヘ