タグ:真相

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 名無しさん 2017/02/20(月) 21:47:42.83 ID:CAP_USER9
    人気アイドルグループ・乃木坂46の橋本奈々未が24歳の誕生日を迎えた20日、さいたまスーパーアリーナで卒業コンサートを行った。
    同公演をもって芸能界からも引退する橋本は、会場を埋め尽くした3万5000人のファンを見渡すと
    「いままで本当にたくさんの応援をしていただいてありがとうございました」と号泣しながらあいさつ。
    2011年8月21日の結成日から丸5年半、グループが人気絶頂期を迎えるなか、
    ファンに「乃木坂御三家」と呼ばれる人気メンバーの橋本が盛大に送り出され、アイドル活動に幕を下ろした。

    昨年10月にグループからの卒業および芸能界引退を発表して4ヶ月。
    乃木坂46のデビュー5周年記念ライブ『5th YEAR BIRTHDAY LIVE』3daysは、もともと各日3万席のチケット販売を予定していたが即完売。
    急きょ追加販売された見切れ席やステージ裏席5000席も即完売となる過熱ぶりで、
    会場は3万5000人の観客でパンパンに膨れ上がり、横80メートル、縦120メートルをフルに使ったステージが組まれた。

    乃木坂46の『BIRTHDAY LIVE』は“持ち歌全曲披露”が恒例。
    これまでは1stシングル収録曲か順に披露してきたが、この日は橋本が各シングルから好きな曲をピックアップして構成し、37曲をパフォーマンス。
    初日の本編が終わってメンバーがステージを後にすると、声を枯らしたファンの「ななみん」「ななみん」コールが会場を揺るがした。

    開演前から終始、橋本カラーの緑一色に染まった巨大な会場に再び一人で戻ってきた橋本はステージスポットライトを浴びた橋本は「こんなに素敵な景色を何度も何度も目にしているのに、別の道を進みたいと思うのが、いちばん『ないものねだり』だなと感じます」と話したところで大粒の涙。
    「私が選んだその先に、正解があると信じています」と話しながら、何度も顔をぬぐった。

    メンバーを代表して同い年の白石麻衣が手紙を読み上げ、
    「私が乃木坂で過ごした5年半は、ななみんの隣にいた5年半でした。年も同じで、曲の中てはシンメトリーで、最高のパートナーだと思うようになりました」と打ち明けて抱き合うと、2人で声を上げて泣きじゃくった。

    生活苦で弟を大学に進学させるため、当時人気絶頂のAKB48の公式ライバルとして募集していた乃木坂46の1期生オーディションを受けた橋本は、11年8月21日に最終審査に合格。
    ファンからは白石麻衣、松村沙友理とともに「乃木坂御三家」と呼ばれるなど初期からの人気メンバーで、シングルでは自身がセンターを務めた最新曲「サヨナラの意味」まで16作連続で選抜入りした。

    卒業セレモニーでは最初で最後のソロ曲「ないものねだり」を情感たっぷりに熱唱し、
    ラストはこちらも最初で最後のセンターを務めた「サヨナラの意味」で締めくくり。会場の隅々にまで手を振り、ファンに別れを告げた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000311-oric-ent

    「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE~橋本奈々未卒業コンサート~」
    no title
    【【乃木坂46】橋本奈々未、“号泣”引退ライブ 人気絶頂で5年半の活動に幕「私が選んだその先に、正解があると信じています」】の続きを読む
    オススメ最新記事

    このページのトップヘ