タグ:笑ってはいけない

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/04(火) 17:01:16.76 ID:vUYfc7XOd0404
    ・パチンコ屋に停めてあった自転車を蹴る
    ・メガネの洗浄液でうがい
    ・ドライバーを恐喝
    ・霊柩車で移動
    ・3Pとかいうめっちゃ好き

    【【我が田中】ココリコ田中さんのクズ行為一覧が酷いwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/01/26(木) 05:06:30.82 ID:CAP_USER9
     女優、上戸彩(31)が主演する映画「昼顔」(西谷弘監督、6月10日公開)の妖艶なポスタービジュアルが25日、初公開された。白いタンクトップ姿で肌を露出した上戸が、不倫相手役の斎藤工(35)の胸に顔をうずめ、恍惚の表情を浮かべる過激ショットだ。

     同作は2014年7月期にフジテレビ系で放送され、斎藤演じる高校教師との不倫愛が話題となった大ヒット主演ドラマの映画化。上戸は「心の奥底にしまい込んでいた(役柄の)紗和の思いが爆発しきってしまった。皆さんの心に焼き付けることができると思う」と力を込めた。

    サンケイスポーツ 1/26(木) 5:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000506-sanspo-movi
    20170126_hirugao


    【【映画「昼顔」】上戸彩 妖しいポスター初公開!斎藤工の胸に顔うずめる過激ショット】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/01/10(火) 16:23:16.54 ID:CAP_USER9
     俳優の斎藤工(35)が10日、都内で行われた、吹き替え声優を務めた映画
    「アサシン クリード」(3月3日公開)の大ヒット祈願イベントに出席。
    昨年の大みそかに放送された日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」に
    出演してハイテンションギャグを披露したことへの反響の大きさにボヤいた。
    「やってくれ」と懇願されるという。

     斎藤は昨年の大みそかに放送された日本テレビ系
    「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で、お笑いタレントの
    サンシャイン池崎(35)に扮(ふん)して「超ハイテンションギャグ」を披露。
    日ごろのキャラとのギャップが大きな話題となった。この日のイベントで斎藤は
    「クラスで、おとなしい子がキレたら怖いじゃないですか。そういう表れですね。
    反動というか」と苦笑いで話した。
     加えて「サンシャイン池崎さんも実際、お会いしたら非常におとなしい方。
    この世界は反動というエネルギーは、かなり強いんじゃないかなと」と分析。さらに
    「見たことない自分に出会えるかと思って」と挑戦の理由を示しつつ、
    「ハイリスク・ローリターンでした。どこに行っても『やってくれ』って言われて…」と
    反響の大きさにボヤいていた。

    http://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/10/0009817491.shtml
    no title

    【【斎藤工】大みそか「ガキ使」出演、反響の大きさにボヤく ハイテンションギャグ披露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/01/05(木) 13:27:53.51 ID:CAP_USER9
     昨年12月31日に放送された日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル 絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」の関東地区での平均視聴率が、第1部で17.7%、第2部で16.1%を記録し、7年連続で大みそか同時間帯の民放首位を獲得した。(ビデオリサーチ調べ)。

     2003年から始まった罰ゲームシリーズだが、「ガキ使」メンバー全員が罰を受けることになり、大晦日の放送になったのは2007年の第5回から。ここ数年で最も視聴率が高かったのは、2013年の「地球防衛軍」で、第1部で19.8%、第2部で17.2%を記録。

     シリーズも長期化していたため、「マンネリ化」を指摘する声も数多く上がっていたが、結果的には民放放送で視聴率首位を獲得。同シリーズの人気が、健在であることを証明した。

     一連の内容としては、バス乗車中の刺客、メンバー同士の潰し合い、鬼ごっこシリーズ、遠藤章造一家の登場、蝶野正洋による月亭方正へのビンタ、驚いてはいけないシリーズなど。

     最近では、放送前からツイッター上でバスの目撃情報などがアップされるなど、一部ネタバレもされるようになってしまい、ダウンタウンの松本人志が嘆くこともあったが、やはり「ガキ使」特番は強かったようだ。

    リアルライブ 1/5(木) 12:01配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000001-reallive-ent

    【マンネリ化でも強い「ガキ使」笑ってはいけないシリーズ】の続きを読む

    このページのトップヘ